ホーム >> 腕時計の基礎知識/区分け方法

 

 

 

ムーブメント

機械式時計
ゼンマイを動力とし、テンプというパーツで時刻経過を制御する機構を「機械式」と呼びます。
ゼンマイと歯車で精密に構成されており、その細やかな動きは非常に美しく、まるで生き物のような
温かみをも感じさせます。3~5年に一度、定期的な分解清掃(オーバーホール)を行うことにより、
半永久的に使用することができることも魅力の一つです。
・手巻き式
ゼンマイを手で巻き上げるタイプ。
一般的なゼンマイの容量は1日半(40時間)前後。使用にあたっては毎日巻き上げる必要があり、
手間が掛かるように感じますが、その分愛着も沸く為、昔からの時計ファンには根強い人気があります。
自動巻のようにローターを持たない為、薄型に作れるのも特徴。
・自動巻き式
内蔵されたローターが腕の動きによって回転し、その力でゼンマイを巻き上げるタイプ。
ゼンマイの容量自体は手巻き式とほぼ同等だが、常に腕の動きによってゼンマイが巻き上げられるので、
使用している限り常に動き続ける機構です。手巻き式のように毎日手で巻き上げる必要がなく、
現代の機械式時計の大半は自動巻機構を搭載しています。
クオーツ式
一般的に電池を動力とし、内部の水晶振動子(クオーツ)によって時刻を制御する機構を
「クオーツ式」と呼びます。
機械式に比べて非常に精度がよく、大量生産によるコストダウンが可能である為、時計本体の価格を安く抑えることができます。また機械自体を非常に小さく作ることができるため、女性向けのドレスウォッチに多く用いられます。
電池の寿命は一般的なもので2~3年。
(特殊な長寿命電池を採用したモデルで、10年前後もつものも生産されているようです。)
いまでこそ一般的となっているクオーツ式時計ですが、その誕生は1970年代。
それ以前は、世界には機械式時計しか存在していませんでした。
現代では「自動巻発電型」「ソーラー発電型」などの機構を採用した時計も生産されています。
防水性
日常生活防水
日常生活における水との接触(小雨が掛かる、手を洗う際に水が撥ねる程度)には耐えられますが、
水中での使用・操作は出来ません。
「30m(3気圧)防水」や「50m(5気圧)防水」と表記されるものも日常生活防水の範疇に入ります。
表記通りの深さまで潜れる、という数値ではありませんのでご注意ください。
防水
「100m防水」や「10気圧防水」と表記されているものも、その表記の水圧(気圧)には耐えられますが、
実際にその水深での使用はできません。水中での使用も可能ですが、水中で激しく腕を動かしたり、
クロノグラフのスイッチを操作したり、水中に飛び込む際の水圧によっては
内部に水が侵入することもありますので、注意が必要です。
常に水と接する機会がある、本格的なダイビングに使用したい、という方は
200m防水以上の高い防水性を持つ時計がお勧めです。

非防水
アンティークウォッチや、非常に複雑な機構を持ったコンプリケーションウォッチには、
防水性がほとんどないものも存在します。経年劣化により気密性が失われたもの、
そもそも水との接触を前提としていないものなどがありますが、
いずれも水との接触にはくれぐれも注意が必要です。


保証について

◆正常な使用状態で故障が発生した場合、お買い上げの日から一年間、無料で修理調整いたします。
※ロレックスは2年間
※保証期間はブランドやモデルによって変動する場合がございますが、
基本的に販売時の保証規定に則って保証いたします。。
◆外装部品および文字盤・針の修理・交換はすべて有料となります。
◆部品交換を当社アフターサービスが必要と判断した場合、機能保持の為、
お客様のご依頼なき部分の修理を行う場合もございます。
◆クオーツ式時計の電池交換は、お買い上げ日より一年間無料とさせていただきます
◆以下のような場合には、保証期間内でも有料修理になります。
・誤ったご使用や、不注意による故障または損傷
・ゼンマイ切れ、巻き芯折れによる故障
・非防水及び日常生活防水時計での、水、汗、サビ等が原因の故障
・磨耗、欠損等による防水性が原因の故障
・品質及び機能上影響がないと当社アフターサービスが判断した外観上のキズ等
・他店でオーバーホール、及び修理を行った場合
・ご使用上に生じる外観上の変化
(ケース・ガラス・ブレス・革バンドのキズや損傷、針・文字盤の変色や腐食など)
・火災・水害または地震など天災地変による故障または損傷
・本保証書の字句を書き換えられた場合
・本保証書のご提示が無い場合や、紛失した場合
◆天然素材の文字盤を使用した時計は、当社にてお預かりした期間中に文字盤を破損した場合を除き、
文字盤の破損に関する文字盤の代金と修理料金の全額が、破損理由の如何を問わず
お客様のご負担となります。
破損による文字盤交換の場合、天然素材の性質上まったく同じものはご用意できません。
尚、交換・修理期間は数ヶ月かかる場合があります。
◆修理の際、外装部品等はメーカーの仕様変更に準ずる場合がありますのでご了承ください。
◆文字盤・外装などを社外品と交換したり、改造を行った場合、保証は無効となり
修理をお受けできなくなります。
◆ご購入者のみ有効です。
(他者から譲り受けた場合、保証は無効となります。)
◆本保証書の再発行はいたしませんので紛失、盗難等にお気をつけください。
◆送料はお客様のご負担とさせていただきます。
◆当社の商品はその性質上お買い上げ後のお取替えはいたしておりませんのでご了承ください。
◆この保証内容は、2006年9月1日以降お買い上げのお客様より適用しております。

 

スーパーコピー腕時計区分け方法

1.スイスETAムーブと廉価版ムーブ区分け方法

2.ブライトリングの、ラバーベルトの詰め方{はずし方}

3.シードゥエラーディープシーのバックル調整方法

4.Asian 7750搭載 21600振動時間誤差調整方法

5.7750自動巻き時計操作マニュアル

  【自動巻きについて】
ご到着時は輸送期間の関係上ゼンマイが空の状態です。
自動巻きとはいえこの状態ではまったく稼動しません(不動NGの殆どはこれです)。
お手元に届きましたら先ず竜頭を開放して頂き手巻き作業を行ってください
20~30回少し多めにこの作業を行ってください。
自動巻き時計は巻き過ぎてゼンマイが切れ無い機構になっていますのでいくら巻いても問題ありません。
通常ならこの作業の途中で秒針が稼動して行きます。
この作業を行っても不動の場合は掌に時計本体を少しきつめに数回当てて下さい搖動手表。
これで殆どの時計は稼動致します。
後は、日常使用で内臓の巻き上げ機構が(ローター)が補助をしてゼンマイを自動的に巻き上げてくれますので問題なくご使用していただけると思います。

【クロノグラフ機構について】
クロノグラフは複雑な機構を持つメカですので御使用の際には手順に従って、ご使用する事をお勧めいたします(操作ミス&過度の反芻操作は確実に壊れます)。
2時位置のプッシャー(ボタン)でセンタークロノ針を操作いたします(通常は12時位置に停止)。
2時位置のプッシャーでスタート&ストップの操作を行います。
2時位置のプシャーで必ず計測を停止(クロノ針を止めてから)した後で4時位置を操作してリセットして下さい。
4時位置のプシャーでリセット(12時位置に戻ります)クロノグラフ作動中は絶対に4時位置の操作は行わないで下さい(確実に壊れます)。

6.ETA日差調整方法

7.オメガビン式ベルトの調整方法

8.コンキスタドールのベルト調整方法

9.ブライトリング革ベルトはめる方法

10.スイスETA竜頭取り外す方法

11.パネライ6497日差調整方法

12.J12レディス セラミック竜頭取り外す方法

13.デイトナ革ベルト調整方法

添付写真1番部分を内側押しつけて調整すれば宜しいです。

14.クロノ作動方法

1番ボタンを押すと、3番秒針が動きます。再び1番ボタンを押せば3番秒針がストップします。
2番ボタンを押すと3.4.5番秒針がリセットします。
6時位置にスモセコを移行!永久秒針。
9時位置12時間積計算!クロノ連動「1番ボタンを押して機能稼動中に1時間1回動きます。」
3時位置30分積計算!クロノ連動「1番ボタンを押して機能稼動に1分1回動きます。」

15.ロレックス バックル調整方法

16.ETA社 2846日差調整方法



旬ワード話題のキーワード
ロレックス スーパーコピー,ウブロ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピーシャネルJ12 スーパーコピーリシャールミル スーパーコピーロジェデュブイ スーパーコピーオメガ スーパーコピーハリーウィンストン スーパーコピー

HP未掲載ブランド品でもスーパーコピー時計の詳細イメージを送っていただければ、在庫を確認してご連絡いたします。ご質問があればオンラインのサービスと問い合わせてください。 サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社クレッジに属します。文章・写真などの複製、無断転載を禁止します。

Copyright© www.aaatokei.com All Rights Reserved.